2021年後期 バッチ《基礎》講座

2021年開講講座

バッチ《基礎》講座

バッチフラワーレメディについての基本を学びます。

4日間で、38種類+レスキューレメディについて、丁寧に学ぶことができます。

いくつかのワークを通して、適切なレメディの選び方を練習します。

また、レスキューレメディを実際に試してみて、バッチフラワーレメディのはたらきを体験することができます。

・・・・・ カリキュラム ・・・・・

DAY1

オンライン【2021/10/22(金) 】

バッチフラワーレメディの概要と使用法 / バッチフラワーレメディの効果 / レスキューレメディとレスキュークリーム / バッチフラワーレメディの指標1回目 / 練習問題

 

DAY2

オンライン【2021/11/12(金)】

バッチフラワーレメディの指標 2回目 / レメディについてのワークや質疑応答 / レメディの選択 / 練習問題

 

DAY3

オンライン【2021/12/1(水)】

レメディの体験シェア / バッチ博士の癒しの哲学 / バッチフラワーレメディの指標 3回目 / 練習問題

 

DAY4

オンライン【2022/1/12(水)】

バッチフラワーレメディの指標4回目 / バッチ博士の生涯 / こどもへのレメディ/ 動物へのレメディ / 植物へのレメディ / 練習問題

・・・・・ 教材 ・・・・・ 

【書籍】『38種のフラワーレメディ~感情のバランスをとる38種のフラワーレメディの使い方ガイド~』/ 38種のバッチフラワーレメディ カテゴリー別早見表 / レスキューレメディのトリートメントボトル

・・・・・ 受講費 ・・・・・

2時間×4日間 ¥30.000

講師紹介

前田 啓名(まえだ はるな)

京阪本線 出町柳駅から徒歩5分のところに、 出町柳こころの相談室を開室しています。

京都市で唯一、子育て・個人事業主・精神科勤務・大学在籍で勉学に励む、現役 英国バッチ財団登録プラクティショナー(BFRP)です。

※英国バッチ財団登録プラクティショナー(Bach Foundation Registered Practitioner)は、バッチ国際教育プログラムのレベル1から3までの全てを受講・修了した後、 英国バッチセンターへ登録し活動しています。

BFRPは、バッチ博士の意図した「セルフヘルプ」の重要性を理解し、相談者がレメディを自分で使えるようにサポートし、正しく レメディが選べるよう伝えていく役割を担っています。

バッチプラクティショナー 自己紹介

お申込み

今期のお申し込みの受付は、終了いたしました。


受講者の皆さまへ

DAY3練習問題のダウンロードはこちらから

練習問題3

DAY4で使用する練習問題のダウンロードはこちらから

必要な方は、プリントアウトしてご準備ください。

練習問題4

練習問題5

セルフバッチ用チェックシート

自分にマッチするレメディを選ぶ際に、お使いください。

レメディシート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。